食べられる植物の栽培に昨年目覚め、ホーリーバジル(いただきもの)、スイートバジル(いただきもの)、トマト(ハトのフンから勝手に生えてきた)、大葉(100均でタネ購入)と育てて、まあまあ美味しく食べてきました。


次はもう少しおなかがふくれるものに挑戦したくて、昨秋植えたのがこのタマネギです。



タマネギらしく丸々と育ってくれることを願って、プランターには10cm間隔で植えましたが、苗販売の最小ロットが50本だったため20本余りまして、空いていた鉢にドンと突っ込んだのです。


なんだかその20本が一番元気そうなんですよねー。皮肉なもので。


これ、今からでもバラして間隔あけて植え直した方が良いのでしょうか?

それともこのまま芽ネギや小タマネギとして全うした方が良いのか。


タマネギにお詳しい方、いらっしゃいましたらお教えくださいませ。


写真は1970年発売、リコー ハイカラー35Sの「グリーンマチック」と言われるオートモードで撮りました。結構いいじゃんという写りだと思います。


#filmphotography 

#filmcamera 

#filmphoto 

#oldcamera 

#retrocamera 

#ricoh 

#ricohhicolor35s 

#フィルムカメラ 

#フィルム写真 

#リコー 

#リコーハイカラー35s 

#フィルムの楽しさ伝われ 

#fujifilmc200 

#expiredfilm 

#期限切れフィルム 

コメント

このブログの人気の投稿

新しいウクレレ