投稿

上半期と私

イメージ
2024年が半分終わろうとしています。 ********** 基本的に、調子の悪い半年でした。 身体に重い不調があるわけではありません。なんとなく、もやがかかっているような、ゼリーの中にいるような、カラッとスッキリというわけにはいかない、そんな日々でした。 それでも決まっていた仕事はやってくるので、どんよりした身体と心にムチを入れて、なんとかギリギリ合格点な形にはしてきたと思います。 ********** 新型コロナウイルスで世間がてんやわんやしていた前後の数年で、私(たち)がケアする責務を負っていた親族3名がこの世を去りました。 この3名に関する緊急出動に備えるために、40代の終わりに仕事を引退し、自宅待機を始めました。自宅待機を多少でもマネタイズするために、自宅1階をカフェにしました。 昨秋、3人目の親族が亡くなり、カフェをやる理由を失いました。それ以降、心がスキッと整わない日々が始まったような気がします。 ********** カフェをやめる選択肢も含めて、この半年でいろいろな可能性を探ってみました。 新しい出会いの機会もいくつか作りました。 自分の中でしっくりくるものには出会いませんでした。 ********** 昨晩、風呂の中でふと、 「音楽のために生きよう」 という言葉が降ってきました。 今までのクリエイター人生で、ヒットした企画はおおむね、風呂の中か、回転寿司のカウンター(コンベアの機械的な動きをボーっと見ていられるところ)で思いついたものです。 今まで通り、風呂の中で出てきた言葉なので、信じてみようかなと思います。 ********** 「ミューズ・ティールーム」のMew'sは、私のビジネスコンセプト(それが何かは長くなるので割愛)を表している言葉ですが、「ミューズ」という響きはギリシャ神話の音楽の神様の名前でもあります。 カフェ営業を続けていくことに関してハラをくくったので、ミューズ・ティールームは今までよりも一層「音楽喫茶」としての色を強めて行きます。 具体的な動きとして、コロナ以前に多くの方々に愛していただいた音楽イベント「ちいさなオープンマイク(マイクないけど)™」をレギュラー復活させることにしました。 少しずつ告知を始めて行きますので、よろしければ是非ご参加ください。 ********** シンガー・アーティストとしての活動も、徐々

“OMATSURI”

イメージ
地域割りとしては隣の小学校区になるのですが、すごく近所の鎮守のお祭り。 山車が地域を練り歩いて、太鼓や小さな鐘がドンドンチャカチャカ鳴り響きます。 こう言ったイベントも、すっかり元通りになりました。めでたい。 何か目立った出しものがあるわけでも、特別おいしいものがあるわけでもないのですが、平和で何だか楽しい気分になる、結構好きな風物詩です。 昨年は退院直後のリハビリ期間中に、のんびり歩きに来てました。あれから1年経ったのね。 元気いっぱいというわけではないですが、不安のない身体にはなりました。ありがたい。 久しぶりに缶ビール飲んで、串カツとネギマいただきました。 金魚すくいは案外状態の良さそうな子たちが泳いでてビックリ。これならすくって帰ろうかなと思ったけど、ガマン😣。

衝動買い

イメージ
Amazonさんの広告でひと目惚れして衝動買い。 ¥1,800-を全額ポイント購入。 商品名 Yibuy ブルー プラスチック27キー 風のピアノ鍵盤ハーモニカ どっぷり中国モノなので国際宅急便でいつ届くかわからんヤツかなーと思っていたら、キチンとprime扱いで半日で届きました。売れてるんだな、コイツ。 謎の中国語表記はあるものの、楽器としてはまあまあチューニングも合ってるし、普通の鍵盤ハーモニカと違って造りが削ぎ落とされていて、とにかく軽量。 無意識に最初に弾いたメロディが、なぜか松山千春師匠の「恋」のイントロ。下手くそだけど、身体に染み付いているのねー。

にんじんとキャベツ

イメージ
2024年5月22日水曜日です。 水曜日はロング仕込みの日。 丸一日キッチンに立つ日もあれば、半日ほどで終わる日もあります。 いずれにせよ、キッチンに長く立つ日です。 ********** にんじん🥕。 おいしいのはもちろんですが、メニューにキレイな暖色を加えてくれるありがたい存在。 このオレンジ色🍊のおかげで、見た目の華やかさがグッと増します。 ...と書いて、にんじん🥕をオレンジ🍊色と表すってなんか違和感。にんじん色とは言わんわなー。 この色の代表格をオレンジ🍊に奪われて、なんかかわいそうなにんじん🥕の立場。 ********** しかし、キャベツ価格の高騰には参った😰。 ひと玉400円超えとは...。 ウチのメニューには欠かせないキャベツ様。 どうか早く落ち着きを取り戻して欲しいです。

柔らかく

イメージ
2024年5月20日月曜日です。 おはようございます。 月曜日は早朝営業の日。 開店は7:00。起床は5:00です。 この「月曜日だけ早朝営業」という変則形態も、すでにやる理由はなくなっているのですが、9年も継続していると身体に染み付いているので、もうエエかこのままで...と思ってます。 ********** お花のキレイな季節ですね。 1枚目の写真はウチの2階で咲いている蘭。 義父の形見です。 今年も元気に咲きました。 2枚目、3枚目はウチの町内を歩いていて撮った写真。 歩道の片隅にも、人工的な建造物にも、鮮やかな一角があります。 コンクリートやアスファルトの狭間に咲く暖色の花々は、気持ちを柔らかくしてくれますね。 ありがたい。 常に柔らかい人でありたいです。 心も、身体もね(←身体ヤバい)。

幸せ

イメージ
少し前。 クルマ飛ばして浜名湖に行きまして。 行った日、翌日は大雨。 帰る日だけ、とんでもなく快晴。 人生、そんなもんです。 素晴らしく青い写真が撮れたので、それだけで幸せ。 ********** 今朝、クルマで警察さんのお世話になりまして。 「指定場所一時不停止」と言う正式名称だそうです。 停止しにくい変な形状のところで待ち伏せしてるんですよね。 通り慣れない場所だったので知らず。無念。 反則金相当額を仮納付しますが、このお金は警察の収入ではなく国庫に入って、その後信号機や道路標識、歩道、ガードレール、横断歩道などの設置や補修に使われるそうです。 知らなかった。それならいいか。ちゃんと払おう。 人生、そんなもんです。 知らなかったことが知れたから、それだけで幸せ。

こいのぼり

イメージ
今年は鯉のぼり🎏見られなかったなー... なんてつぶやきつつ町内のイオンに行ったら まだ泳いでました。よかった。 ********** 水曜日は丸一日ロング仕込みの日。 朝からキッチンに立ってます。 お昼休みに鯉のぼりが見られてラッキー。 と、幸せな気分で店に戻る途中、 おばさまの乗るママチャリに、右斜め後ろから薄く当たられました。 実は昨日、何もないところでつまづいて(←ジジィ)右尻を軽く痛めていまして、そこに追い討ち。 痛ぇぞ、右尻。 クソー、あの◯◯ァ、どけと言わんばかりに直進して行きやがって。 ********** まあなんとかキッチンには続けて立てております。 最近、「おばさま」とか「◯◯ァ」とか言っても、たいがいみんな年下だったりするようになりました。 寄る年波。おだやかに生きよう。

サツマイモ

イメージ
長引いていた喉の炎症もようやく癒えたようで、イヤな違和感がやっとなくなりました。 もう少し休ませてから歌い始めようと思ってます。 ********** 父の遺品のプランターで挑戦中の野菜二毛作。 11月→4月のタマネギ🧅は、50本の苗から35個の中玉と12個のペコロスが出来て、2年目にして好成績となりました。 まあまあ長いこと自前のタマネギでメシが食えました。 さて、5月→10月のサツマイモ🍠2年目の挑戦、本日よりスタート。 ウチから自転車で5分の所に種苗直売所があります。ありがたい。 ありがたいついでに、ここには主(ぬし)のおばあさんがいて、いつも本当にありがたいアドバイスをくださいます。 僕は密かに、ヨーダ師匠と呼んでいます。 師匠のお告げで、今年は「紅あずま」の苗をいただきました。 収穫は10月終わりから11月アタマにかけて。 今回はどんな結末が待つのか。楽しみ楽しみ😊。

FISHEYE

イメージ
長年気になっていたFISHEYEのボディーキャップレンズをお値打ちにオークションにて入手。 FISHEYE(魚眼レンズ)と言っても、35㎜換算18mmなので、そんなにお魚の眼でもなく、使いやすいです。 いつものウチの前からの夕焼けも、ちょっとダイナミックに写るかな。 楽しいのでこれからあれこれ撮ってみます。

第二誕生日

イメージ
2024年4月25日です。 おはようございます。 本日、わたくしの「第二誕生日」。 「第二」とは何か。 親族に腎臓を提供する移植手術を受けて、腎臓1個ニンゲンとして生まれ変わった日です。 1年前のことは、いま思い返した方が身震いします。 当時はテンション高かったので、乗り切れたんだなー。 麻酔から醒めて5日間ほどは地獄でした。 あれには戻りたくない。 1年検診で、ドナー(提供者)、レシピエント(受領者)ともに順調とのことで、とりあえずひと安心です。 ********** 花粉と黄砂とPM2.5のトリプル飛散物で、現在、呼吸器をやられております。 昨日、初診後1週の経過診察。 鼻は多少改善されましたが、のどは変わらず不調です。 会話はできますが、歌唱はムリです。 写真は耳鼻咽喉科恒例のネブライザー(吸入機)。 のどの方が問題なのに、鼻のアタッチメントで渡された。 先週は口だったのに。 ま、いっか。 のんびり治していきます。 ********** 店は本日よりゴールデンウィーク対応11連勤。 5月5日(日)まで毎日休まず11:00-19:00です。 普段お越しになれない方、ぜひお立ち寄りください。

タマネギ

イメージ
【Mew’s農園通信】 収穫。 出来のいい子も悪い子もいますが、多様性です。 ウチの方針はとにかく放置。 水もやらない。追肥もしない。 苗を植えたら何もしない。 土と雨とおひさまと生命力だけで育ったタマネギ🧅です。 しばらく毎日タマネギスライス(たまにカルパッチョ)やな。 極早生品種の新タマネギなので、新鮮なウチに生で食べます。 葉っぱも長ネギ代わりに使います。 ********** 父の遺品のプランターで育てる二毛作。 来月からはさつまいも。 11月に収穫です。

レディオ・ショウ2404

イメージ
【延期】 2024年4月15日月曜日18:00時点 noryは本日喉に違和感を感じ、主治医に診てもらったところ、声帯に腫れがあると診察されました。 しばらく声を出さずに、喉の安静が必要とのことなので、この放送を延期といたします。 新たな放送日が決まりましたら、改めてお知らせします。 ********** 腎臓1個ニンゲンになって1年経ちます。 「腎臓1個になっても全然平気」「何も変わらないよ」という人もいるようですが、僕は腎臓2個時代と同じようには暮らせません。 人それぞれ、どんな生活強度が普通だったのかは違うと思います。僕の場合は、以前のようには行かないことがいくつかあります。 でも、それが不幸だとは全く思いません。 今の自分が一番好きですし、腎臓2個時代と比較しようとも思わないです。 ただ、腎臓2個時代と同じ強度を求められると、できないケースがあります。 そこをご理解いただきたいですし、正直、四の五の言って来んじゃねぇよと思います。 腎臓1個ニンゲンになって「ノリィ2.0」にヴァージョンアップした自分に誇りを持って、これからも生きて行こうと思っています。 そんな僕の現在を、レディオ・ショウとして生放送でお届けいたします。 よろしければお聴きいただければ幸いです。 ショウの当日の午前中は、手術を受けた病院での1年経過診察です。クルマの1年点検みたいなものです。検査の数値もしっかり見て、晴れやかにお届けしようと思っています。 聴取チケット販売ページはこちら https://twitcasting.tv/custer_nory/shopcart/303944

INDUSTAR-50

イメージ
長らく使用してみたいと思っていたレンズ。 「INDUSTAR-50」。 全額PayPayポイントで入手。 旧ソビエト連邦製で、第二次世界大戦の後、負けたドイツのレンズ職人や設備を連れて来て作られたものらしい。 うむー。 まあ、レンズに罪はない。 シリアル番号の上2桁は西暦を表しているとのことで、この個体は1966年製。わたくしとジャスト同い年です。 かなり最近までずっと製造されていたロングセラーなのですが、ソ連・ロシアの経済状況に合わせて、品質がどんどん悪くなっているらしく、そんなところも興味深い。 おそらく66年製のこの子は良い子なのだと思います。 名古屋市東区の早咲き桜の名所にて試写。 オオカンザクラという桜なのだそうです。 甘ったるい写りでとても気に入りました。 良かった。 #photography  #naturephotography  #flowerstagram  #flowerphotography  #olympus  #olympusem10  #industar50  #oldlens  #russianlens 

レディオ・ショウ3月

イメージ
毎月お届けしている「クスタァ・ノリィ レディオ・ショウ」 3月は26日(火)にお送りします。 詳細は  イベントページ  をご覧くださいね。

飛鳥II グアム・サイパンクルーズ

イメージ
2024年2月28日から3月8日まで10日間、日本船籍最大のクルーズ客船「飛鳥II」のコロナ後初の海外ツアー「グアム・サイパンクルーズ」に、ゲストアーティスト・エリカツノリィの一員として乗船公演してきました。 エリカツノリィの投稿はこちら ↓ https://www.ellikatznory.com/2024/03/ii.html 仕事としては素晴らしい体験でした。船内という閉じた空間の中、600人強の乗客の皆さんに日に日に存在が知れ渡り、すれ違う方ほぼ全員から挨拶していただいたり、「あ、noryさん」とお声がけいただいたり。 皆さん、敬意を持って接してくださっているのが伝わってきて、本当にうれしかったです。 私たちのLIVEやウクレレレッスンを通して「帰国したらウクレレ買いに行きます!」と言ってくださる方がとても多くて、それも大きなやりがいとなりました。 ウクレレの素晴らしさを伝えることができて、いい仕事だったなとしみじみ思います。 飛鳥IIの乗組員の皆さんもずば抜けて素晴らしく、こちらも敬意を持って私たちに接してくださって、感謝の気持ちでいっぱいです。再びチャンスをいただけるのであれば、また飛鳥IIのエンタテインメントに貢献できるよう頑張りたいと思います。 ********** 一方で、昨年(2023年)4月の腎臓を親族に提供する移植手術で「腎臓1個ニンゲン」になった自分の身体の限界点を知る機会にもなりました。 ドナー(移植提供者)の術後経過としては非常に順調で、特に問題となる数値も初見もなく、今のところ来ています。 しかし、ずっと微妙に手術前と違う感覚や微弱な症状があり、通常生活をしている中では問題を感じないものの、無理はできない。そんな自分の中で納得感のない状態を抱えて暮らしていました。 今回、10日間もの間、船上で揺られ続けるという劇的な環境変化によって、全日程に渡って明確に、体調は思わしくありませんでした。 基本的に、ずっと気持ち悪い。めまいがする。疲労感が抜けない。クリアに思考できない。 また加えて、日常とかけ離れた豪華な食事によって、胃腸が悲鳴を上げました。特にLIVE後の遅い時間に私たちのためだけに用意されたコース料理は、本当にありがたく、食べないというのは申し訳なく、しかし食べたことによって身体に大きなダメージを受けました。 腎臓という臓器は、身