古いフィルムのカメラにどっぷり戻ってみて。


やはり速写性は基本的にないのです。


現代は、サッと取り出しパッとシャッターを切れば、あれこれオートでくっきり写真がデジタルデータで残る。これが僕の人生半世紀分の技術進化であり、普遍的な消費者ニーズだったのだと思います。


しかし僕が生まれた頃、1960年代なかばに、その速写性ニーズに挑んだカメラが、リコー オートハーフです。


小さい、軽いから気軽に持ち歩け、ピントはパンフォーカス(1.5mから無限遠までなんとなく合う)、絞りはセレン光電池でオート制御、そしてフィルム巻き上げはゼンマイによるオート巻き上げ。


当時の技術で出来得る限りのことをやり切って、気軽な速写性ニーズに真っ向挑んだカメラなのです。


写真は、赤信号の向こうの空がキレイだったので、助手席に置いていたオートハーフをおもむろに手に取り、ノーファインダーでシャッターを切ったものです。


ファインダーのぞいてないので絵は傾いてますが。そしてシャッター切った瞬間に信号が青に変わったようですが。


1966年11月。僕と同じ生まれ年、生まれ月のオートハーフE。こういうラフな使い方が、元々の開発コンセプトだったのだろうと思います。


#filmphotography 

#filmcamera 

#filmphoto 

#oldcamera 

#retrocamera 

#ricoh 

#ricohautohalf 

#ricohautohalfe 

#フィルムカメラ 

#フィルム写真 

#リコー 

#リコーオートハーフ

#リコーオートハーフe

#halfsizecamera 

#halfflamecamera 

#ハーフフォト 

#フィルムの楽しさ伝われ 

#fujifilmsuperiaxtra400 

#igers 

#igersjp 


コメント

このブログの人気の投稿

新しいウクレレ