ギターのおはなし。


開放弦を使った一番低い位置でのGのコード。


軽音楽アコースティックギターの初心者弾き始めに出会う、超ベーシックコードフォームです。


皆さん、どちらの指使いで押さえてますでしょうか?


2枚目の写真の方が正解なんだと思います。いや、2枚目の形で押さえるべきです。sus4の2弦1フレットを人差し指ですぐ行けますし。


しかし、僕が小6のときに初めて見たギター雑誌には、1枚目のような指示をされていたのです。


最初に見た親がコレなので、そう育ちますわな。


今まで何度も何度も、直そうとしてきたのですが、2枚目の形はいまだにスッと押さえられません。


歌手・タレントのDAIGOさん(BREAKERZの人・ういっしゅの人)が「スゴい努力をしない限りギターの技術は16歳くらいで止まる」とTVで言ってましたが、僕も正にその通り。今も16歳くらいでできていたことしかできないです。


1枚目の写真の形のGしか押さえられないんだよなぁー...と長らくコンプレックスでした。


しかし、昨晩TVであいみょんさんを偶然見たら、Gを1枚目の形で押さえていました。


なんだ、メジャーアーティストもこっちなんじゃん、フフ。


これからは「あいみょんスタイルのG」とつぶやきながら、晴れやかな気持ちでGを押さえていこうと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

新しいウクレレ